2015年6月21日日曜日

カルティエ ベーゼ ヴォレ EDT・SP 50ml

BAISER VOLE EAU DE TOILETTE SPRAY 50ml


世界のアーティストとのコラボレーション・ライン「LOVE」コレクションで話題となっているカルティエ。かつてエドワード7世から「王の宝石商であり宝石商の王」と称されたこのハイエンド・ジュエラーの最高峰は、その裾野を押し広げることに近年は成功していて、カルティエの掲げる「レ・マスト・デュ・カルティエ(カルティエは万人のマストでなければならない)」というスローガンが着実に実っております。

こちらはそんなハイ・ジュエラーのフレグランス・ラインから、2011年に発売されたレディス香水です。2003年に発売された「リュ・ベゼ(ベーゼ)・デュ・ドラゴン」のニュー・エディションで、年度リミテッド・アイテムとなっております。「盗まれたキス」というエキサイティングなネーミングで、香調はシンプリシティが光るフローラル・ノート。「好きな花にユリと答える男性が多いのはなぜか」という疑問から、ユリの花の魅力を存分に活かした、美しくファンタスティックなたたずまいのグッド・アンサーを浮かび上がらせております。

香調はいたってシンプルで、おしべ、花、葉っぱを含めたリリー・ノートと、シトラス・ノートからなります。全体的に香るのは当然ユリの花で、なんとなくウォータリーなイメージがありそうですが、意外とクリーミーでリッチな、まさにホワイト・フローラルの甘さです。ただしシトラス・ノートのアクセントもほどよく効いていて、ユリの葉のグリーン香とも相まって、そのリッチなホワイト・フローラルにパウダリーな側面も与えております。

この単純そうで奥深い香りをクリエイトしたのは、同じカルティエの「ロードスター」や「デクラレーション・コロン、ゲランの「シャリマー・レジェール」などを手掛けているマチルデ・ローラン。同じ年に発売された「カルティエ・デ・ルーン」も好評で、いま勢いに乗っているパフューマーです。

リッチ&パウダリーのバランスが絶妙なホワイト・フローラルですので、使い勝手は非常に良いと思います。洗練された美しい女性像をイメージさせる逸品を、ぜひお試しいただきたいです。ボトルのデザインもエレガント。キャップのアレンジが高級ライターのようで、カルティエらしい趣きです。

0 件のコメント:

コメントを投稿